新人研修をする大切さと考えるべき部分

TOP > 新人研修の豆知識 > 新人研修をする大切さと考えるべき部分

新人研修をする大切さと考えるべき部分

どこの会社でも新人研修をしなくてはなりません。
中には新人研修の大切さを把握することができていない人もいますが、なぜ行わなくてはならない事なのかしっかりと覚えておく必要があります。
まず最大の目的は新人の人に会社の決まりを教えることになります。
仕事で必要な基礎的な知識を教える研修もありますが、会社のルールを教える研修もあります。
会社の決まりは仕事をする以上に大切な知識であり、必ず行った方が良い研修だと言えるでしょう。
会社には非常にたくさんの決まりがありますが、全てを研修で教える必要はありません。
どんな事を中心に教えなくてはならないのかと言いますと、最低限守らなくてはならないことになります。
最低限の事をしっかりと守ってもらう事ができれば、会社の決まりが新人のせいで乱れる事を防ぐ事ができます。


新人研修をする場合は、期間も決めるようにしましょう。
この期間を決める際に必ず覚えておいた方が良いのが、長すぎる期間に設定しないことになります。
場所によっては一ヶ月以上かけて、仕事に必要な基礎的な知識を身につけてもらう場合もありますし、会社の決まりを覚えてもらう場合もあります。
教えている側にとっては短い期間に感じてしまうかもしれませんが、研修を受ける側からすると一ヶ月は非常に長く感じてしまい、後半の期間は飽きてきて内容をしっかりと把握する事ができない場合も出てきてしまいます。
これでは期間ばかりが長くなってしまい、内容が濃い新人研修とは言いにくくなってしまいます。
またまとめて行うのではなく、一ヶ月に一回程度新入社員を集めて、研修を行う場所もあるので考えてみても良いかもしれません。


その他に大切になってくることは、しっかりと発言の機会を確保してあげることになります。
聞いているだけの新人研修も重要ではありますが、自分が発言をする機会を与えてあげないと成長しない人もいます。
自分の考えをしっかりと言葉にできる人は少ないので、最初は少しだけぎこちない研修になってしまう場合もありますが、徐々に慣れてくると全く問題なく発言をする事ができるようになり、仕事をする上でも自分の意見をしっかりと伝える事ができるようになります。
これも会社の発展には欠かす事ができない部分になります。
全国各地に支店がある場所の場合はテレビ会議のシステムを利用して新人研修をする場合もありますが、直接人と話をすることによって、成長をするスピードが早くなる人もたくさんいるので、経費をかけてでも同じ会場で行った方が良いでしょう。

次の記事へ