新人研修は社会人としての学びの場

TOP > 新人研修の豆知識 > 新人研修は社会人としての学びの場

新人研修は社会人としての学びの場

ビジネスには選択を迫られることがあり、そういうときには知識や知恵だけでは難しいこともあります。
新人研修などでは判断力を磨くことも必要とされているので、判断をするために見極めるだけの力をつけることは必須となっています。
ただ選ぶことと正しい選択をすることは別になりますので、経験をすることによってわかってくることはもちろんあります。
ただ間違った欲しくないのは、判断を誤ることがまずいことではなく、何も考えないで判断をすることがまずいといえます。
知性を鍛えることと一緒に正しい判断力を養う努力をすることで、自分を鍛えることができます。
ビジネスをしているとチームで動くことが殆どになりますので、受け入れるように話すことも大事ですし、周囲に強いることはしないように配慮も必要です。


ビジネスでは多くの人と合うことがありますので、人とのコミュニケーションも理解をしないといけません。
特に第一印象で判断をしないようにしなくてはいけないのは、最初に何でも信じてしまうと間違った判断をすることもあるからです。
中には大きなことを言う人もいますし、無意識に悪口をいってしまう人もいます。
悪意がある場合にはわかりやすいですが、人は悪意がないことで受け入れてしまうことほど怖いことはありません。
そのために第二第三の印象も受け入れる体制を作ることが、コミュニケーションを上手に作ることに繋がっているといえます。
また感情に流されやすい人もいるので、いったん冷静に考えてからビジネスは行動をする方が無難です。
また第三者に意見を聞くことも、ビジネスでは大切なこととされています。


近年パソコンやスマートフォンの普及によってインターネットが寄り身近になっていますし、今の若い世代ではネット社会が当たり前になっています。
そのために良識を備えていない人が、SNSで失敗をしたりする時代ともいえます。
新人研修では個人の良識を備えるために、世の中の当たり前を学ぶほうがとても為になることが多いです。
もっとも当たり前なのが「挨拶」で「おはようございます」から「こんにちは」「お疲れ様です」などの文句は、コミュニケーションの第一といえます。
これが会社の人に対してやるだけではなく、他のお客様やまたは近所の住んでいる人にも声をかけるようなコミュニケーションを学ぶことは大切です。
そうすることによってより良識がある人間に見えるだけではなく、気さくで話しやすい印象も与えることができます。

次の記事へ