新人研修にむけての心の準備と学ぶ姿勢

TOP > 新人研修の豆知識 > 新人研修にむけての心の準備と学ぶ姿勢

新人研修にむけての心の準備と学ぶ姿勢

雇用形態にかかわらずお金を稼ぐ権利を与えられて、働き始める前にまず行う必要がある事、それは新人研修です。
仕事に関しての知識はもちろん、実務についても学ぶ必要があります。
接客をする職種の場合では、取り扱う商品の最低限の知識は入れておく必要がありますし、それを説明する為に正しい言葉遣いも身に付けておかなければなりません。
実際に現場でどのような振る舞いをするのかも、練習を重ねない事には難しくなってしまいます。
最近では、詳しく教えられていないという理由で現場で、何をするべきか分からずにその場で立ち尽くしてしまう人も珍しくないようです。
仕事は見て覚え、自己判断で臨機応変に仕事をするというのは当たり前と考えられていた時代もありますが、今ではそれは通用しないように思います。
多くの人が同じ場所で働くには、知識や技術を共有する必要があるからです。
では、働く前に学ぶ事について、どのような姿勢で臨むべきなのか、心の準備として何が必要なのかを考えていただきたいと思います。


新人研修では、あらかじめ持ち物の指示がある場合がありますが、基本的には指示がなくてもメモ用のノートと筆記用具は用意するべきだと思います。
仕事に関して、覚えようという気持ちを表す事も出来ますし、初めて耳にする事を一言一句漏らさずに覚えるというのは、どんなに利口な人でも難しいと思います。
分からない時は、職場の人に聞く事が出来ますが、出来る限り自分で覚えようとする気持ちは大切です。
もちろん、初めて働く場所ではほとんどが知らない事だと思います。
職種によっては聞きなれない用語を覚えなければならない場合もあります。
簡単な事ばかりではありませんし、もしかしたら大変な事の方が多いかもしれません。
でも、頑張って覚えたり、身に付けた事は自分にとってマイナスになる事はありません。
はじめにしっかりと努力をする事で、その後働く現場で努力が助けてくれる時が来ると思います。
大変な思いは最初にしてしまいましょう。


研修にあたっての心構えについては、ほとんどが学ぶ姿勢をしっかりと持つ事で自然と行動にも繋がってくるものなのだと思いました。
仕事をはじめる時は、誰でもみな未経験からのスタートです。
最初から完璧に出来てしまう人なんていないので不安に感じる事があってもそれは誰もが感じている事なのです。
こう考えると気持ちが楽になるのではないでしょうか。
では新人研修に向けて一番必要な事は一体何なのか、それは心の持ち方なのではないかと思います。
素直な気持ちで、教えを乞う姿勢と、それをしっかりと身に付けようとする気持ちがあればそれは、会社側にも必ず伝わると思うのです。
人の思いは、行動に現れます。
頑張ろうと努力する姿勢や行動は、自分にも返って来ると思いますし、会社への貢献にもいつかきっと繋がります。
自分が決めた会社で働くという事に、自信を持って研修に向かっていただければと強く思います。

次の記事へ