ルールを守ることが大切

jcssとは

皆さんは、jcssという言葉を聞いたことはありますでしょうか?普段生活をしていく上ではあまり聞く事がない言葉ですよね。jcssというのは、JapanCalibrationServiceSystemの頭文字を取った略語で、意味としては、計量法トレーサビリティ制度というものになります。ではこのjcssというのは具体的にはどういったものなのでしょうか?jcssを簡単に言うと、計量器の校正をする事業所の能力を審査して、お墨付きを与える仕組みというものです。
ここで言う計量器の校正というのは、より精度の高い計量器と比較することを指しており、精度の高い計量器を所持しているのかどうか、またその計量器を使いこなせているのかどうかなどを検査して認められた場合にjcssの認定を受けることが出来るようになります。このようにjcssの認定を取得するのは簡単に出来る事ではなく、jcss側が要求した様々な条件をクリアしている場合のみ取得することができる認定でもあります。そのため、このjcss認定を受けているということが、そのままその企業の信頼性などにも繋がり、業者を選ぶ際などはjcss認定を受けていると有利に働きます。

国の定める分析法マニュアル

jcssを行う際に押さえておきたいのが、国が定めた分析法マニュアルです。jcssはきちんとしたルールが存在しており、安全かつ滞り無く検査を行うためには法規定された分析法に従う必要がある事を覚えておきましょう。運用においてより確実で正確なjcss測定を実施するためには、測定用機器の適切な維持管理を守っていく事が大切となります。
環境省の提唱している「低質調査方法」には、信頼性の高い化学分析を行うためにもjcss校正証明書を正しく使用した標準物質について書かれています。こういった政府の発行しているマニュアルに従う事により、一般的なjcss標準物質の高品質な検査結果を期待できるようになるのです。
マニュアルはインターネットで確認できるので、jcss実行前に関係者一同で確認をしておきましょう。国の定めた法律に関わる検査行為なので、ある程度慎重に執り行う事が重要となります。正しい知識を元にスマートなjcssを実行するよう心掛けておきましょう。もしも法律に違反する計測行為が明るみになった場合、しかるべきペナルティが課せられてしまうので気を付けて下さい。何事もルールをしっかり守って行う事が一番確実な事と言えます。

Copyright(C)2017 製品の品質保持のために知っておきたいjcss All Rights Reserved.